草取りと剪定をしっかりやってハイビスカス咲く美しい庭を完成させる

剪定

夏の庭の作り方

ハイビスカスの夏の管理

weeding tools

ハイビスカスは、多くのガーデナーに人気の夏の代表花です。 近年は色々な花色のものもたくさん出ており、店先や庭先では目立つ存在です。 真夏の間は水切れさせない事と太陽にしっかり当てておけば、綺麗に次次花を咲かせますし、大きく成長します。 夏の間にしっかり元気に育ててやると、剪定にも耐えられ、翌年も綺麗な花を咲かせる事ができます。 ハイビスカスは、毎日新しい花が咲きます。 咲き終わった花は、こまめに積みます。そうしないと種に栄養が行ってしまい、花が咲かなくなってしまいます。 花は簡単に取れますが、取りにくい場合は無理にとらず、ハサミで切るようにしてください。 ハイビスカスは成長が早く根もよく伸びます。 翌年には新しい鉢に植え替えてあげてください。

剪定の方法

9月になるとあまり花が咲かなくなります。 寒くなる前の10月には剪定を行ないます。 ハイビスカスは寒さに弱く、地植えでは冬を越す事ができない場合が多いので、地植えにしている場合は掘り下げて鉢植えにし剪定します。 鉢植えは、剪定後、室内で管理します。 剪定方法は、簡単で、全体の3分の1の長さになるくらいに刈り込みます。 どこで切っても問題ありませんが、剪定をして小さな株にしておかないと、冬を越すのが難しくなります。 葉が2、3枚になるくらいまでかなりばっさり切ってしまっても大丈夫です。 また、ただ短く刈り込むだけでなく、枝が内側に伸びているようなところも切って、すっきりさせておくと良いです。 小さな株の方が冬を越しやすいです。

雑草処理のやり方

weeding tools

草取り作業の特徴として専用機械が作られたため、体に負担をかけることなく簡単に雑草処理が可能になっています。また日本は農業と密接な関係がある国でもあり、その歴史や水稲農耕が盛んだった弥生時代から認識され続けています。

Read More

草取りの道具

weeding tools

草取りには適した服装と効率的に早く作業を済ませる道具があります。長袖長ズボンで虫や草に負けない対策をすることで快適に作業が進められます。道具においては立ったまま使える草刈鎌を使うと視野が広がり一度で広範囲に草取りが可能になりますし、足腰への負担もかなり軽減されます。

Read More

業者を選ぼう

weeding tools

庭や畑の草はあっという間に伸びてしまいますので、定期的な草取りが大切です。時間がない場合には、専門業者に依頼することも大切ですが、業者によって出来上がりに差がありますので、きちんとした業者を選びましょう。

Read More